本文へスキップ


 

池野 成(いけの・せい)略歴privacy policy


池野成略歴



1931年、司法官である父の任地であった北海道札幌市に生まれ、間もなく父の転勤に伴い、東京に移る。
祖父はイチョウとソテツの精子を発見したことで世界的に著名な植物学者 池野成一郎。

東京藝術大学において池内友次郎、伊福部昭に師事。
1952年、《序奏と交響的アレグロ》が第21回日本音楽コンクール管弦楽曲部門第2位入選。山田和男(一雄)指揮 NHK交響楽団により演奏される。
1953年、江口隆哉・宮操子舞踊団により発表された舞踊曲《作品七番》を演奏会用作品《ダンス・コンセルタンテ》に改作。上田仁指揮 東京交響楽団第58回定期公演において演奏され注目を集める。

これまで東京音楽大学、東京藝術大学において、作曲および管弦楽法講師を務め、多くの人材を育成した。

主な純音楽作品に《EVOCATION》(1974)、《TIMPANATA》(1977)、《RAPSODIA CONCERTANTE》(1983)、《古代的断章》(1984)等がある。

また、吉村公三郎監督作品『嫁ぐ日』(1956年)を皮切りに劇伴音楽を手掛け、同監督作品『夜の河』『夜の蝶』『女の勲章』、川島雄三監督作品『女は二度生まれる』『雁の寺』『しとやかな獣』、増村保造監督作品『黒の試走車』『ぐれん隊純情派』『赤い天使』、山本薩夫監督作品『氷点』『白い巨塔』『座頭市牢破り』、岡本喜八監督作品『顔役暁に死す』、三隅研次監督作品『剣』、今井正監督作品『越後つついし親不知』、福田純監督作品『電送人間』、黒田義之監督作品『妖怪大戦争』 等々、記録映画やテレビ番組を含め、その担当作品は300本近くになる。

2004年8月13日歿





作曲家 池野 成 研究活動

inserted by FC2 system