本文へスキップ


 





池野成の想像力(イマジネーション)

−楽器編成を中心に−


片山杜秀


鍵盤ハーモニカ(3)

片山杜秀 氏 略歴


 あらゆるジャンルの音楽に精通され、驚異的な記憶力と革新的な洞察力により、その魅力を様々なメディアを通じて発信されている音楽評論家 片山杜秀氏
 とくに日本人作曲家についての博覧強記ぶりは、もはや言うに及びませんが、池野成先生とは生前から直接面識がおありになり、その作品についてことあるごとに言及されてこられました。
 「池野成の純音楽」DISC3では、作曲家 池野成の特質、その作品の独自性などをより多くの方々に知っていただきたいとの考えから、「池野成の想像力(イマジネーション)−楽器編成を中心に−」と題し、片山氏にお話をうかがいました。



池野成の想像力(イマジネーション)−楽器編成を中心に−

(総収録時間:78分26秒)


〔トラックタイトル命名:片山杜秀〕


(1)「独特な楽器編成は頼まれたからではない」(6:43)(2)「シェーンベルクと伊福部昭」(6:54)(3)「ショパンとヴァレーズ」(6:15)(4)「鼓動・呼吸・始原性」(1:56)(5)「トロンボーンは人の声と相性がいい」(4:52)(6)「楽器編成の推移から始原への遡行の道程をたどる」(9:45)(7)「渦巻く倍音に耳を傾ける」(3:43)(8)「トロンボーンという宇宙的性格を帯びた楽器について」(2:04)(9)「唯一無二の池野成」(3:50)(10)「呪文のように、わらべ唄のように」(6:48)(11)「単独者のいのちの王国=v(6:08)(12)「《古代的断章》とチベット仏教音楽」(13:27)(13)「もっと池野成を!」(5:53)



※ 再生機器により収録時間表記に差異が生じる場合があります。
録音:2017年8月13日 JVCケンウッド・クリエイティブメディア 赤坂スタジオ



「池野成の想像力(イマジネーション)−楽器編成を中心に−」収録風景

当初は片山氏御一人での録音を予定するも、相手がいる方がお話されやすいということで、急遽Salidaが同席。

「池野成の想像力(イマジネーション)−楽器編成を中心に−」収録風景(2)


鍵盤ハーモニカ

録音に際し、NHK−FM『クラシックの迷宮』でもお馴染みの鍵盤ハーモニカをお持ちくださいました。

鍵盤ハーモニカ(2)



池野成の純音楽

CD「池野成の純音楽」

【収録内容】


取り扱い

ディスクユニオン  神保町シアター

Amazon タワーレコード HMV 他





CD「池野成の純音楽」TOPページ


CD「池野成の純音楽」収録内容


作曲家 池野成 研究活動




inserted by FC2 system