本文へスキップ


 


東京交響楽団 Tokyo Symphony Orchestraprivacy policy

東京交響楽団 Tokyo Symphony Orchestra


2004年9月、東京交響楽団は音楽監督ユベール・スダールの時代を幕開け、以来毎年シーズンテーマを据えた定期演奏会活動は、常に音楽関係者から熱い視線を注がれている。
2009年、2010年とミュージック・ペンクラブ音楽賞を2年連続受賞。音楽雑誌でのオーケストラランキングにおいても日本のオーケストラで最高位に位置づけられている。
2010年7月「中国・大連夏季国際芸術祭」に招聘され、日本のオーケストラとして初めて大連で公演を行い、大成功を収めた。最新CDに「名曲全集(キングレコード)」「シューマン交響曲全集(N&F)」があり、なかでもシューマンCDは2009年度定期演奏会のライブ録音で、日本のオーケストラによる初の“マーラー版”での全集録音とあって、すでに話題となっている。

1946年創立。現代音楽の初演などにより、サントリー音楽賞をはじめとする日本のほとんどの音楽賞を受賞している。指揮者陣には音楽監督のほか、秋山和慶、大友直人、飯森範親、ニコラ・ルイゾッティを擁する。2004年から神奈川県川崎市のフランチャイズ・オーケストラとして、ミューザ川崎シンフォニーホールを拠点に活動を拡げている。教育的音楽活動でも「0歳からのオーケストラ」「こども定期演奏会」など、意欲的かつ斬新な企画に多方面から注目されている。

ホームページ http://tokyosymphony.jp/pc/top?guid=on




CD「山内正の純音楽」収録曲
《陽旋法に拠る交響曲》



CD「小杉太一郎の純音楽」収録曲
舞踊組曲「戰國時代」


inserted by FC2 system