本文へスキップ


 



 文化庁芸術祭シンボルマーク 文化庁芸術祭

参加作品

■平成27年度(第70回)文化庁芸術祭参加作品一覧■
※「参加作品一覧」最後に掲載

CD「山内正の純音楽」

【収録作品】

取り扱い



ディスクユニオン  神保町シアター

タワーレコードHMV芽瑠璃堂 他


1961年、第1回「TBS作曲賞」入賞作品《陽旋法に拠る交響曲》により楽壇デビュー。バレエ音楽、室内楽から映画『大怪獣ガメラ』『陸軍中野学校』、TBSの看板番組として一世を風靡したドラマ『ザ・ガードマン』などの劇伴音楽を手掛け、その生涯で幅広く作曲活動を展開した作曲家 山内正 唯一無二の純音楽集成。


作曲家 山内 正

作曲家 山内 正 略歴


【CD「小杉太一郎の純音楽」報道記事】


【制作関連情報】



作曲家 山内正夫人 山内満洲美さん インタビュー


村野鐵太郎監督とのひととき


TBS賞「日本を素材とする管弦楽曲」作曲募集について


「作曲五人会」について


正はずいぶん無念だったろう 山内 久


「TBS賞からザ・ガードマンへ~作曲家山内正誕生物語~」小島英人(TBSヴィンテージクラシックス エグゼクティブプロデューサー)



 文化庁芸術祭シンボルマーク 文化庁芸術祭
参加決定
■平成27年度(第70回)文化庁芸術祭参加作品一覧■
※「参加作品一覧」最後に掲載



タータと呼ばれたひと

山内美郷



父・正のこと





作曲家 山内正 没後35年



作曲家 田村 徹 インタビュー








本CDの「収録作品」および「制作関連情報」は、当ページにて順次お知らせしてまいります。



作曲家 山内 正 研究活動




このページの先頭へ

inserted by FC2 system